ストレスを緩和させる方法【お手軽・5選】

investment in oneself

2022.4.10.更新

「ストレスが溜まっていて、うまく発散させたいな…」
「不安や心配が頭から離れない」

 この記事では、「ストレスを緩和させる方法」をご紹介します。

ストレスや不安を緩和させるために、お酒やタバコ・暴食に走ってしまう方もいます。それでは、一時的に不幸を忘れられても、後々「健康を害する」という形で、さらに大きな不幸を迎えてしまいます。

この記事では、ストレスを緩和させる方法を、手軽にできるものに限定して、計5つご紹介します。

  • 記事の対象:ストレスや不安に、健康的に対処したい方


目次

1.結論:ストレスを緩和させる方法【お手軽・5選】
(1)運動習慣1選
 ① 朝散歩

(2)睡眠習慣3選
 ① 7時間睡眠
 ② 90分前入浴
 ③ 夕方以降のカフェイン禁止

(3)食習慣1選
 ① ビタミンB・Cをとる


2.詳細:


3.まとめ



1.結論:ストレスを緩和させる方法【お手軽・5選】

 まずはじめに、ストレスを緩和させる方法として、お手頃なものに限定して5つご紹介します。

(1)運動習慣3選
 ① 朝散歩

(2)睡眠習慣3選
 ① 7時間睡眠
 ② 90分前入浴
 ③ 夕方以降のカフェイン禁止

(3)食習慣1選
 ①ビタミンB・Cをとる

※参考図書
科学的に証明された不安にならない36の方法 | 荘司 英彦, 荘司 英彦 |本 | 通販 | Amazon
心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書 | Testosterone, 岡 琢哉,   |本 | 通販 | Amazon



2.詳細:

 1章でご紹介した5つの方法について、順にご説明します。

(1)運動習慣3選

 まずは、運動に関する習慣1つです。

① 朝散歩

 運動習慣1選の内容は、「朝散歩」です。
朝散歩とは、起床後1時間以内に、15~30分ほど散歩することを指します。

朝散歩によって、「朝日を浴びること」「一定のリズムで動くこと」ができます。これにより、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されます。
セロトニンが分泌されることで、不安になりやすい状態を和らげることができます。

「朝は忙しくて時間が取れないよ」という方は、まずは休日だけでも実践してみましょう。
もし効果が実感できれば、平日も早めに起きて、実践する気になるかもしれません。



(2)睡眠習慣3選

 続いて、睡眠に関する習慣3つです。

① 7時間睡眠

 1つ目は、「7時間睡眠」です。

睡眠時間が不足すると、病気や鬱などにかかるリスクが高まる可能性が指摘されています。
必要な睡眠時間は、年齢によって異なるものの、18歳以上の場合は7~9時間は必要とされています。

よって、最低でも7時間は眠ることを意識しましょう。

1日の予定を組む際も、最初に7時間の睡眠枠は差し引いて、残りの17時間でスケジューリングしてみてください。


② 90分前入浴

 2つ目は、「90分前入浴」です。
つまり、就寝する90分前に入浴する、というものです。

90分前に入浴する理由は、身体の芯の体温を下げるためです。
入浴直後は、身体の芯の体温が上がっていますが、時間とともに下がっていきます。そして、約90分が経過したころに、程よく芯の体温が低い状態となります。
芯の体温が低いと、良い眠りを実現されていると言われています。

詳しくは、以下の記事もご参照ください。

※参考:睡眠の質の高め方【予算別2選】 | みのりぐ (minorig.com)


③ 夕方以降のカフェイン禁止

 3つ目は、「夕方以降のカフェイン禁止」です。

ご存知の方も多いかもしれませんが、カフェインには覚醒作用があります。そして、覚醒作用は、摂取してからしばらくは体内に残り続けます。

つまり、夕方以降にカフェインをとると、就寝時間にもまだカフェインが残っている可能性が高いのです。
カフェインが残っている状態では、うまく寝付けなかったり、睡眠が浅くなるリスクがあります。

コーヒーやエナジードリンクなどは、なるべく昼食後の時間帯で摂取するのが望ましいでしょう。



(3)食習慣1選

 最後に、食習慣の1選です。

① ビタミンB・Cをとる

 食習慣1選の内容は、「ビタミンB・Cをとる」です。

ビタミンB・Cは、脳の神経伝達物質の合成に関わっています。
よって、ビタミンB・Cの摂取は、不安を和らげるのに効果があるとされているのです。

「そうは言っても、食事を工夫するのは面倒くさいよ」という方もいるかもしれません。
その場合は、まずはサプリメントで補うのも手です。

※商品例:Amazon | DHC マルチビタミン 徳用90日分 | DHC(ディー・エイチ・シー) | マルチビタミン

 



3.まとめ

 最後に、この記事をまとめます。

●ストレスを緩和する方法として、お手軽なものに限定して5つご紹介しました。

(1)運動習慣1選
 ① 朝散歩

(2)睡眠習慣3選
 ① 7時間睡眠
 ② 90分前入浴
 ③ 夕方以降のカフェイン禁止

(3)食習慣1選
 ① ビタミンB・Cをとる


この記事が、あなたの自己投資の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました