読書のアウトプット法が学べる本【おすすめ2選】

investment in oneself

2022.1.12.

「本を買って読んでも、うまく実行に移せない…」

 この記事は、「読書のアウトプット法が学べる本」をテーマに書いています。

読書をしても、行動に移せなければ、読んだ時間・本を買うのに払ったお金がムダになってしまいます。
私自身、読んだだけでアウトプットできなかった本があり、「もったいない」と感じたため、さまざまなアウトプット法を学びました。

この記事では、読書のアウトプット法が学べる本を、読者評価の高いものに絞ってご紹介します。

  • 記事の対象:本を読んでも上手く実行に移せない方



目次


1.結論:読書のアウトプット法を学べる本(おすすめ2冊)
①『学びを結果に変えるアウトプット大全』
②『「読む」だけで終わりにしない読書術』


2.詳細


3.補足:「ミニまとめノート」の活用


4.まとめ



1.結論:読書のアウトプット法を学べる本(おすすめ2冊)

 まず初めに、読書のアウトプット法を学べる本として、おすすめを2冊ご紹介します。

①『学びを結果に変えるアウトプット大全』
学びを結果に変えるアウトプット大全 (サンクチュアリ出版) | 樺沢紫苑 |本 | 通販 | Amazon

②『「読む」だけで終わりにしない読書術』
Amazon.co.jp: 「読む」だけで終わりにしない読書術 1万冊を読んでわかった本当に人生を変える方法 【kindle特典動画付き】 eBook : 本要約チャンネル: 本



2.詳細

 1章でご紹介した2冊について、順にご説明します。


①『学びを結果に変えるアウトプット大全』

 1冊目は、『学びを結果に変えるアウトプット大全』です。

本書では、効果的なアウトプット方法について、図解も交えて学ぶことができます。
具体的なアウトプット方法を、計80個紹介されている点も特徴です。

本書で紹介されているエッセンスについて、以下に例示します。


・「インプット:アウトプット=3:7」が理想である

 インプットよりも、アウトプットが多めの方が、効果が出やすいとされています。
その割合が、「インプット:アウトプット=3:7」というものです。大前提として、この比率を意識して、インプットしてみてください。


・2週間に3回以上引き出すと、すぐに出せるようになる

 アウトプットする際は、1回アウトプットすればOK、というものではありません。一定の期間内に、複数回くり返しアウトプットすることが重要です。
 本書では、具体的な数字として、「2週間に3回以上」としています。厳密にこの数字を守れなくても、まずは「短期間で何回かアウトプットする」ことから意識してみましょう。


その他のアウトプット法を学びたい方は、ぜひ本書をご一読ください。

※リンク先:
学びを結果に変えるアウトプット大全 (サンクチュアリ出版) | 樺沢紫苑 |本 | 通販 | Amazon



②『「読む」だけで終わりにしない読書術』

 2冊目は、『「読む」だけで終わりにしない読書術』です。

本書では、本で得た内容をしっかり実践し、習得するためのコツが紹介されています。

本書で紹介されている読書術の一例を、ご紹介します。

・目的を明確にした読書

 本を選ぶ前に、読書の目的を明確化する、というものです。
具体的には、本を選ぶ前に、「どんな課題を解決したいのか」「どんな効果を得たいのか」をハッキリさせます。手段は、本要約サイトの活用・前書きや書評に目を通す、などです。

これにより、読む本を明確化し、さらには読む箇所も明確化し、実践に移す対象を絞ります。この絞り込みの作業によって、無駄が省けて、効率的な読書・アウトプットが可能となるのです。

さらに詳細を学びたい方は、ぜひ本書をご一読ください。

※リンク先:
Amazon.co.jp: 「読む」だけで終わりにしない読書術 1万冊を読んでわかった本当に人生を変える方法 【kindle特典動画付き】 eBook : 本要約チャンネル: 本



3.補足:「ミニまとめノート」の活用

 「そうは言っても、一回読んだ本を本棚にしまったら、また出すのが億劫で…」という方もいるかもしれません。

 そんな方には、「ミニまとめノート」を作ることをおすすめします。

「ミニまとめノート」とは、下記の手順で作れます。

・無地か螺旋入りの、シンプルな手帳を買う。(100均で可)
・本の大事な部分を、手帳に箇条書きでメモする。(1冊あたり1ページ程度)
・手帳は、作業机や寝室など、すぐ手に取れる場所に置いておく。

「本のエッセンスが詰まった手帳」を、すぐ身近に置いておくことで、いつでもインプット内容を目にすることができます。もし忘れかけていたエッセンスがあっても、容易に思い出し、アウトプットできます。

少しでも「使えそう!」と思われた方は、一度お試しください。



4.まとめ

 最後に、この記事をまとめます。


●読書のアウトプット法を学べる本として、おすすめを2冊ご紹介しました。

①『学びを結果に変えるアウトプット大全』
学びを結果に変えるアウトプット大全 (サンクチュアリ出版) | 樺沢紫苑 |本 | 通販 | Amazon

②『「読む」だけで終わりにしない読書術』
Amazon.co.jp: 「読む」だけで終わりにしない読書術 1万冊を読んでわかった本当に人生を変える方法 【kindle特典動画付き】 eBook : 本要約チャンネル: 本


●本のエッセンスを詰めた「ミニまとめノート」も、お試しください。


この記事が、あなたの自己投資の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました