朝のおすすめ習慣【1日の生産性アップ】

investment in oneself

2021.12.16.

「1日を通して、なんとなく生産性が良くない」
「午前中、ぼーっとしてしまう」

 この記事は、「朝のおすすめ習慣」をテーマに書いています。

1日の生産性は、朝の過ごし方で大きく左右します。朝の過ごし方を軽視してしまうと、その日のパフォーマンスが落ちてしまい、出来るはずの仕事ができなくなることもあります。
私自身、朝がすごく強い訳ではなかったため、「朝の過ごし方」に関してはさまざまな情報を集めました。

ここでは、「朝のおすすめ習慣」として、様々な書籍の情報の共通項を集約し、かつ私が実践して有効だと感じたものを中心にご紹介します。

  • 記事の対象:朝の過ごし方に大きな注意を払ったことのない方

目次

1.結論:朝のおすすめ習慣 4選+1選
① 日光を浴びる
② 水を飲む
③ 軽いストレッチ
④ 朝食は軽めにする
⑤ 上級編:短時間の瞑想


2.詳細


3.まとめ



1.結論:朝のおすすめ習慣 4選+1選

 まずはじめに、朝のおすすめ習慣として、4つ(+上級編1つ)をご紹介します。

① 日光を浴びる
② 水を飲む
③ 軽いストレッチ
④ 朝食は軽めにする
⑤ 上級編:短時間の瞑想



2.詳細

 1章でご紹介した5つについて、順にご説明します。


① 日光を浴びる

 1つ目は「日光を浴びる」です。

日光を浴びるメリットは数多くありますが、この記事では、そのうちの1つ「体内時計/自律神経を整える」に注目します。

日光を浴びると、「セロトニン」が分泌されます。「セロトニン」は、「幸せホルモン」とも呼ばれるもので、感情の安定・集中力の向上などの効果があります。

このセロトニンは、夕方~夜頃には、「メラトニン」に変わります。この「メラトニン」が、心地よい眠りにサポートしてくれるのです。

よって、朝に日光を浴びれば、日中の生産性向上と、夜の睡眠の質向上を実現することができます。

朝に日光を浴びるメリットを、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

※参考記事:
日光は自律神経を整える!そのスゴい効果と浴びるタイミングをご紹介! (genki-go.com)



② 水を飲む

 2つ目は、「水を飲む」です。

睡眠中は、季節に関わらず、ある程度の汗をかきます。よって、起床直後は、体内の水分が不足気味になっていることが多いのです。

そこで、起床直後に水を飲むことで水分補給し、体調を整えることができます。

また、起床直後だけでなく、1日を通して一定以上の水を取ることは、美容にも良いことが判明しています。あなたの体重などにもよりますが、平均的に1日2リットルの水分摂取が推奨されています。

十分な水分補給により、肌にもしっかり水分が行きわたり、つやのある肌になるのです。



③ 軽いストレッチ

 3つ目は、「軽いストレッチ」です。

「軽いストレッチ」の内容は、書籍によっても意見はさまざまあります。個人的には、ウォーキングやラジオ体操のレベルで十分と考えます。

とくに、リモートワークが多くなった方は、通勤がなくなり歩かなくなった、なんてこともあるかもしれません。そんな場合は、少しだけ早めに起きて、軽く家の周りを歩いてから仕事をする。それだけでも、午前中のパフォーマンスに大きな変化をもたらすことでしょう。



④ 朝食は軽めにする

 4つ目は、「朝食を軽めにする」です。

よく、朝食に白米やパンをたくさん食べて、午前中に眠くなってしまう、なんてことはないでしょうか。もしあれば、朝食に糖や炭水化物を取り過ぎているのかもしれません。

もし、「朝食を軽めにしてみようかな」と思われた方には、朝食に「素焼きナッツ」をおすすめします。ビタミン等が含まれている上、ある程度の満腹感も得られます。

また、「具体的にどんなナッツがいいの?」と思われた方は、以下のリンクをご参照ください。

※リンク先:
Amazon | 4種のミックスナッツ850g 無塩 素焼き 無添加 ミックスナッツ アーモンド くるみ カシューナッツ マカダミアナッツ 家飲み 宅飲み 保存食 非常食 | 美味しさは元気の源 自然の館 | ナッツ 通販



⑤ 上級編:短時間の瞑想

 5つ目は、上級編で、「短時間の瞑想」をご紹介します。

名前の通り、約1~2分程度、頭をからっぽにして瞑想をする、という習慣です。
瞑想は、思考の整理の他、さまざまなメリットが報告されています。実際に、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズなどの著名人も、瞑想を習慣化していると言われています。

ただ、個人的には、習慣①~④と比べると、「瞑想」は習慣化することはかなり難しく感じました。(朝はせわしないため、結局、最初の数日で止めてしまいました…)
よって、この記事では「上級編」という扱いでご紹介しました。

「毎朝1~2分くらいなら出来るでしょ!」と思われる方も多くいらっしゃるかと思います。そんな方は、下記の書籍もご参考に、ぜひ取り入れてみてください。

※リンク先:
頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる | アンディ・プディコム, 満園 真木 | 倫理学・道徳 | Kindleストア | Amazon



3.まとめ

 最後に、この記事をまとめます。

●朝のおすすめ習慣として、4つ(+上級編1つ)をご紹介しました。
① 日光を浴びる
② 水を飲む
③ 軽いストレッチ
④ 朝食は軽めにする
⑤ 上級編:短時間の瞑想

●習慣④⑤について、下記の商品もご参照ください。
・習慣④ 朝食は軽めにする
Amazon | 4種のミックスナッツ850g 無塩 素焼き 無添加 ミックスナッツ アーモンド くるみ カシューナッツ マカダミアナッツ 家飲み 宅飲み 保存食 非常食 | 美味しさは元気の源 自然の館 | ナッツ 通販
・習慣⑤ 短時間の瞑想
頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる | アンディ・プディコム, 満園 真木 | 倫理学・道徳 | Kindleストア | Amazon


この記事が、あなたの自己投資の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました