悩みを軽くする偉人のエピソード【厳選3選】

investment in oneself

2022.5.14.更新

「今の自分の悩みを解決するヒントが欲しい」

この記事は、「悩みを軽くする偉人のエピソード」について紹介します。

あなたが抱えている悩みは、過去の偉人たちも同じように抱えていた可能性があります。
そして、あなたよりも先に解決していることもあるのです。

あなたが偉人の生き方を学ぶことで、今の悩みを解決するヒントになることはよくあります。

この記事では、「悩みを解決する偉人のエピソード」として、厳選して3つご紹介します。

  • 記事のメリット:悩みを解決するヒントが得られる

目次

1.結論:悩みを解決する偉人のエピソード【厳選3選】
① 短期スパンで人生を判断しない(カーネル・サンダース)
② 今は悪く感じる出来事が、後々必要となることがある(スティーブ・ジョブズ)
③ 「いつ・どこでも正しい価値観」は存在しない(織田信長)


2.詳細


3.まとめ




1.結論:悩みを解決する偉人のエピソード【厳選3選】

 まず初めに、悩みを解決する偉人のエピソードとして、計3つご紹介します。

① 短期スパンで人生を判断しない(カーネル・サンダース)
② 今は悪く感じる出来事が、後々必要となることがある(スティーブ・ジョブズ)
③ 「いつ・どこでも正しい価値観」は存在しない(織田信長)

※参考図書:
世界史を俯瞰して、思い込みから自分を解放する 歴史思考 | 深井 龍之介 |本 | 通販 (amazon.co.jp)




2.詳細

 1章でご紹介した3エピソードについて、順にご説明します。


① 短期スパンで人生を判断しない(カーネル・サンダース)

 1つ目は、カーネルサンダースのエピソードです。「短期スパンで人生を判断しない」です。

 カーネルサンダースと言えば、あのケンタッキー・フライド・チキンを生んだ人物です。間違いなく歴史に名を残す人物ですが、彼は決して順風満帆な人生ではありませんでした。

 サンダースはもともと不器用なところがあり、職を十数回、転々としました。また、どの職でも上手く成果が出ません。

さらに、時代の変化にも乗れず、事業の失敗で破産を経験します。
サンダースは、60歳までの間に2度、破産を経験しているとされています。

ここまで聞くと、「60歳まで散々な人生なら、もう今世は諦めるよ」となるのが普通かもしれません。
ただ、サンダースは違いました。

サンダースがケンタッキー・フライド・チキンを世界に広げたのは、60歳を過ぎてからです。
60歳までは散々でも、そこで撒いた種を回収して、人生の終盤で開花させたのです。

サンダースのエピソードからも、20~40代で成功/失敗を結論づけることはできないことが分かります。
短期スパンで人生を判断せず、今できることだけに集中する大切さを教えてくれます。



② 今は悪く感じる出来事が、後々必要となることがある(スティーブ・ジョブズ)

 2つ目は、スティーブジョブズのエピソードです。「今は悪く感じる出来事が、後々必要となることがある」です。

 スティーブジョブズと言えば、Appleの創業者であり、私たちの生活に大きな影響を与えた人物です。
ただ、ジョブズほどの偉人も、つねに人生が順調だった訳ではありません。

ジョブズは、30歳のときに開発製品が売れず、Appleをクビになるという経験をしています。
この経験は、一見「回り道」「無い方がいいこと」と感じるかもしれません。

ただし、ジョブズはAppleを一度離れたことで、外の世界で様々な経験を積みます。
そして、外で積んだ経験を、再度Appleへ戻った際に活かし、見事Appleを急成長させます。

長期的な目で見ると、むしろAppleをクビになったことで、良い経験ができたことになります。

あなたも、今は「悪い出来事」「回り道」と思えることも、先の人生では必要な1ピースとなるかもしれません。



③ 「いつ・どこでも正しい価値観」は存在しない(織田信長)

 3つ目は、織田信長のエピソードです。「『いつ・どこでも正しい価値観』は存在しない」です。

織田信長と言えば、歴史の授業で誰もが習う偉人です。
ただ、織田信長は、かなり残虐な一面があったとも言われています。

なんと、織田信長は、相続争いで弟を殺したと言われています。
「信長に限った話では?」「武士だからでは?」と思われるかもしれませんが、一概にそうとも言えません。

かつての日本には、命の価値が低い時代がありました。
現代では、「命は大切である」のは当然の価値観です。でも、その価値観が通用しない時代があったのです。
例えば、食料が少ないから、家族の人数を減らすために幼児を殺す、なんてこともあった時代が存在します。

現代では当たり前で疑わない価値観も、時代・場所が変われば当たり前でなくなるのです。

あなたも、相手と価値観の相違を感じた際は、「相手がヘンな人だ」と思う前に、「相手が生きてきた時代・場所の価値観」に意識を向けると、相手へのイメージが変わるかもしれません。



3.まとめ

 最後に、この記事をまとめます。


●悩みを解決する偉人のエピソードとして、計3つご紹介しました。
① 短期スパンで人生を判断しない(カーネル・サンダース)
② 今は悪く感じる出来事が、後々必要となることがある(スティーブ・ジョブズ)
③ 「いつ・どこでも正しい価値観」は存在しない(織田信長)

●参考図書として、下記1冊をご紹介しました。
世界史を俯瞰して、思い込みから自分を解放する 歴史思考 | 深井 龍之介 |本 | 通販 (amazon.co.jp)


この記事が、あなたの自己投資の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました