ユダヤ人・タルムードの小話おすすめ【厳選3選】

investment in oneself

2021.9.28.第1版
2022.2.21.更新

「世界で結果を出している人から、成功するためのヒントを貰いたいな…」

 この記事は、「ユダヤ人・タルムードの小話」について紹介しています。

世界で結果を出している人たちの中には、共通した「ルール」を守っているケースがあります。
その「ルール」を知っているか否かで、結果が大きく変わることがあります。

この記事では、結果を出す人が守る「ルール」の例として、ユダヤ人の聖典「タルムード」の小話をご紹介します。

  • 記事の対象:キャリア設計に悩む社会人・学生など

目次

1.結論:タルムードの小話おすすめ3選
① 魔法のザクロ
② 難破船の3人の乗客
③ あるラバイの最悪で最良の災難


2.理由:なぜタルムードなのか


3.詳細:3選の小話について


4.まとめ



1.結論:タルムードの小話おすすめ3選

 まず初めに、タルムードのおすすめ小話として、以下の3つをご紹介します。

① 魔法のザクロ
② 難破船の3人の乗客
③ あるラバイの最悪で最良の災難

※参考図書:ユダヤ人の成功哲学『タルムード』金言集 | 石角 完爾 |本 | 通販 | Amazon
※参考動画:📚タルムード金言集 – YouTube



2.理由:なぜタルムードなのか

 「そもそも、何で急にユダヤ人やタルムードが出てくるの?」と思われるかもしれません。

ここでタルムードを扱った理由は、世界で活躍するユダヤ人にとって、成功の土台となっている教えが「タルムード」だからです。

ユダヤ人は、世界人口の約0.25%に過ぎません。それでも、ノーベル章受賞者や、長者番付の上位陣を多数輩出しています。そんな素晴らしい活躍をするユダヤ人が、幼い頃から触れているのが、聖典「タルムード」なのです。

よって、我々も「タルムード」から1つでも学ぶことが出来れば、ノーベル賞受賞者や長者番付の方々の思想に触れることが出来るのです。



3.詳細:3選の小話について

 それでは、1章でご紹介した3つの小話を、順に説明します。


① 魔法のザクロ

 1つ目は、「魔法のザクロ」という話です。(小話の詳細は、節末のリンクから動画をご覧ください)

この小話から得られる学びは、以下の2つです。

ノーペイン・ノーゲイン
(=何かを得るには、何かを失う必要がある。犠牲なしでは、何も得られない)
② 失う方(ペイン)が、得る方(ゲイン)よりも先である。
(=「効果が得られる確証があるなら、やる」では、何も得られない)

ノーペイン・ノーゲインを、私たちの実生活に例えると、以下の様になります。

スキル習得(本、教材、セミナーなど)
「スキル獲得」より「出費」が先。先に大きな出費をして、初めてスキル獲得の可能性がある。

健康への投資(高額な寝具、筋トレ・ダイエット用品)
「効果実感」より「出費」が先。

人間関係(手助けなど)
「してもらう」より「してあげる」が先。「してもらう」待ちでは上手くいかない。


「ノーペイン・ノーゲイン」は、仕事からプライベートまで、幅広い場面に適用できることが分かります。


※参考動画:
第209回 【子供でも楽しめる】金持ちになりたい人が絶対に聞くべき小話「魔法のザクロ」【お金の勉強 初級編】 – YouTube



② 難破船の3人の乗客

 2つ目は、「難破船の3人の乗客」という話です。(小話の詳細は、節末のリンクから動画をご覧ください)

この小話から得られる学びは、「適性リスクをとることの大切さ」です。
リスクは、取らなさ過ぎても良くないし、取り過ぎても良くない。丁度いいリスクを取ることこそが、最善であるという考え方です。

私たちの実生活に例えると、以下の様になります。

・資産運用
 貯金だけでは資産は増えないが、ハイリスク投資だけだと大損する可能性が高い。
あなたの目標に沿った利回りで、資産運用をすることが重要。

・キャリア設計
 何も考えずに現状維持は良くないが、無計画にとつぜん起業・転職するのはリスクが大きい。
異動希望や副業など、あなたの目標に併せて「変化」を積むことが重要。

日常生活でも、「リスクがちゃんと取れているか」「今から取るリスクは適正か」を自問自答する習慣が重要です。


※参考動画:
第207回 【子供でも楽しめる】金持ちになりたい人が絶対に聞くべき小話「難破船と3人の乗客」【お金の勉強 初級編】 – YouTube



③ あるラバイの最悪で最良の災難

 3つ目は、「あるラバイの最悪で最良の災難」という話です。(小話の詳細は、節末のリンクから動画をご覧ください)

この小話から得られる学びは、「最悪な出来事への対処法 」です。

何か悪いことが起きたときは、
「本当はもっと悪いことが起こるハズが、今回の出来事が代わりに起きてくれたから、もっと悪いことは起きずに済んだ」
と考えるのです。

私たちの実生活に例えると、以下の様になります。

・仕事
やりたくない仕事を任されたときも、「この仕事で身に付いたスキルのおかげで、将来の○○というリスクに対処できるかも」と考える。

・お金
不運でお金を失っても、「今回の失敗が教訓になるおかげで、将来もっと大金を失うことを避けられるかも」と考える。

失敗や落ち込む出来事に遭遇した際、この考えを持っているか否かで、後の心持ちや成長度は大きく変わります。


※参考動画:
第109回 【子供でも分かる昔話】人生最悪の状況を乗り切る思考法&おすすめアクション5選【人生論】 – YouTube



4.まとめ

 最後に、この記事をまとめます。

● タルムードのおすすめ小話として、計3つご紹介しました。
① 魔法のザクロ
→「ノーペイン・ノーゲイン」を学べる小話
② 難破船の3人の乗客
→「適性リスクの大切さ」を学べる小話
③ あるラバイの最悪で最良の災難

→「最悪な出来事への対処法」を学べる小話

● 本記事では、以下の本・動画を参考にしました。併せてご参照ください。
・参考本:ユダヤ人の成功哲学『タルムード』金言集 | 石角 完爾 |本 | 通販 | Amazon
・参考動画:📚タルムード金言集 – YouTube


この記事が、あなたのキャリア形成の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました