お金のシミュレーションサイトおすすめ【3つの目的別】

career

2021.10.21.

「自分の貯金を簡単に予測する方法はないかな」
「将来、どの程度の年金がもらえるのかな」

 この記事は、お金のシミュレーションサイトについて、目的別におすすめを書いています。

お金に関する計画を立てる上で、正確なシミュレーションができていなければ、20年後に予想以上に貯金が足りなくなる!みたいなトラブルが起き得ます。

ここでは、お金のシミュレーションサイトとして、貯金・投資・年金の3つの目的ご紹介します。

  • 記事のメリット:貯金・投資・年金の正確なシミュレーションができる様になる

目次

1.結論:お金のシミュレーションサイト おすすめ3選
貯金に関するシミュレーションサイト(2つ)
投資に関するシミュレーションサイト(1つ)
年金に関するシミュレーションサイト(2つ)


2.詳細


3.まとめ



1.結論:お金のシミュレーションサイト おすすめ3選

 まず初めに、3つの目的(貯金・投資・年金)ごとに、おすすめのシミュレーションサイトをご紹介します。

貯金に関するシミュレーションサイト(2つ)
自分で描く未来予想図 ライフプランシミュレーション (zenginkyo.or.jp)
iction!みらい家計シミュレーション – リクルート

投資に関するシミュレーションサイト(1つ)
積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)

年金に関するシミュレーションサイト(2つ)
年金シミュレーション : 三井住友銀行 (smbc.co.jp)
年金見込額試算 | 日本年金機構 (nenkin.go.jp)




2.詳細

 それでは、1章でご紹介したシミュレーションサイトについて、1つずつご紹介します。


貯金に関するシミュレーションサイト(2つ)

 1つ目は、「貯金」のシミュレーションサイトです。

まずは、シミュレーションサイトサイトの例として、2つご紹介します。

自分で描く未来予想図 ライフプランシミュレーション (zenginkyo.or.jp)
iction!みらい家計シミュレーション – リクルート

貯金のシミュレーションサイトでは、あなたの「現在の状況」や「これからの人生設計」を記入することで、将来あなたの貯金がどう推移するかを予測できます。
ここで、「現在の状況」「これからの人生設計」の項目例を以下に示します。

現在の状況
・年齢
・収入や貯蓄
…他
これからの人生設計
・いつ結婚したいか
・子どもは何歳のときに何人ほしいか
・車や家
…他

貯金のシミュレーションサイトは、以下の様な用い方ができます。

・意外と早く貯金が減ると分かったので、次に引っ越す家の家賃を下げてみる
・意外と貯金が持つと分かったので、子どもの教育費を上げてみる

貯金の推定値を観ながら、項目ごとの金額を調整して、人生設計を組み直してみてください。

「本章の冒頭で示した2つのサイトは、何か違いはあるの?」と思われた方は、以下のブログもご参照ください。

貯金のシミュレーション方法【社会人向け】 | みのりぐ (minorig.com)



投資に関するシミュレーションサイト(1つ)

 2つ目は、「投資」のシミュレーションサイトです。

ここでは、以下の1つをご紹介します。

積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)

このサイトでは、「毎月の積立額」「積立期間」「リターン」を入力することで、積立期間が経った後にどれくらいの金額になるかを計算できます。

投資のシミュレーションサイトは、以下の様な用い方ができます。

・目標額に達成するために必要なリターンを調べ、投資先を決める(株か債券か、等)
・目標額から、毎月の積立額を調整する
・積立NISAとiDeCoを20年間満額すると、いくら位になりそうか調べる



年金に関するシミュレーションサイト(2つ)

 3つ目は、「年金」のシミュレーションサイトです。

ここでは、以下の2つのサイトをご紹介します。

年金シミュレーション : 三井住友銀行 (smbc.co.jp)
年金見込額試算 | 日本年金機構 (nenkin.go.jp)

1つ目の三井住友銀行のサイトは、登録なしでシミュレーションができます。一方、2つ目の日本年金機構のサイトは、登録した上で利用します。

年金のシミュレーションサイトで、あなたが将来貰えるであろう年金額を試算してみて、もし「自分には全然足りない!」と思われた場合は、今から資産運用するのも一手です。その際は、2章の「投資のシミュレーションサイト」もご活用ください。



3.まとめ

 最後に、この記事をまとめます。

●お金のシミュレーションサイトを、3つの目的別にご紹介しました。
貯金に関するシミュレーションサイト(2つ)
自分で描く未来予想図 ライフプランシミュレーション (zenginkyo.or.jp)
iction!みらい家計シミュレーション – リクルート

投資に関するシミュレーションサイト(1つ)
積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)

年金に関するシミュレーションサイト(2つ)
年金シミュレーション : 三井住友銀行 (smbc.co.jp)
年金見込額試算 | 日本年金機構 (nenkin.go.jp)


この記事が、あなたのキャリア形成の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました