【参考図書あり】戦略と戦術について(就活・スキルアップ・投資等)

career

2021.5.18.更新

「○○を目指して頑張ってるけど、進む方向ってこれで良かったっけ?」
「目の前の作業に手いっぱいで、進路の管理ができていない…」

 この記事では、「戦略」と「戦術」の2つの考え方を、人生設計に役立てる方法について書いています。私も、かつては「戦略」と「戦術」の違いをよく理解できていませんでした。ただ、両者の違いを理解することで、人生設計がしやすくなることを実感しています。ここでは、「戦略」と「戦術」の違いが分かりやすく説明されている本を紹介したうえで、人生の様々な場面に適用して説明していきます。

  • 記事のメリット:人生設計がしやすくなる考え方を身に付けられる。
  • 対象:目標を立てて頑張っているものの、進路がズレているように感じる方。

目次

1.結論:「戦略」と「戦術」とは(参考図書あり)

2.詳細:人生設計への適用
① 就活
② スキルアップ
③ 投資

3.まとめ



1.結論:「戦略」と「戦術」とは(参考図書あり)

 まずは、「戦略」「戦術」それぞれの定義から説明します。
ここでは、参考図書として以下の本を使用します。

・参考図書:USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 | 森岡 毅 |本 | 通販 | Amazon

図書内で、「戦略」「戦術」は下記の通り定義されています。

・「戦略」:目的を達成するための資源配分の選択
・「戦術」:戦略を実行するためのより具体的なプラン

(出典)USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 | 森岡 毅 |本 | 通販 | Amazon

「…どういうこと?」と思われたかもしれません。ここで、簡単な例を紹介します(私の自作です)。

例えば、あなたが今東京にいて、大阪に行きたい場合。目的は「達成したいこと」であり、ここはもちろん「大阪に到着すること」です。次に、戦略は「どこへ進むか」を表しており、「大阪に向かって進む」が正しいです。逆に、「北海道に向かって進む」は、誤った戦略になります。最後に、戦術は「どうやって進むか」を表しており、「新幹線」や「飛行機」がふさわしいでしょう。まとめると、

目的=「達成したいこと」。例:大阪に到着する
戦略=「どこへ進むか」。例:大阪へ向かう
戦術=「どうやって進むか」。例:新幹線、飛行機など

参考図書では、「戦略」が「戦術」よりも重要であると説かれています。この例でも分かるように、そもそも向かう方向性が間違えていれば、どんな手段で進もうとも目的は達成できません。改めて、「戦略」と「戦術」の違いとともに、「戦略」が重要である理由を認識して頂ければと思います。


2.詳細:人生設計への適用

 「『戦略』と『戦術』の違いは何となく分かったけど、これがどうしたの?」と思われた方へ。この章で、さらに「人生へ適用する方法」について考えてみましょう。(以下、参考図書の内容ではなく私の考察です)

① 就活
 就活(仕事選び)の場合は、あなたが2パターンのうちどちらか?で考え方が変わります。それは、目指すもののタイプの違いです。つまり「○○になりたい」か「△△な状態でありたい」か、です。少し曖昧なので、ここも具体例で説明します。

●タイプ1:「○○になりたい」型
 例えば、「医者になりたい」「野球選手になりたい」など、具体的な職種で決まっているパターンです。あなたがこのタイプの場合は、目的・戦略・戦術は以下のようになります。

・目的=仕事内容。例:医者になること
・戦略=方向性。例:医者になるために勉強する
・戦術=手段。例:医学部特化型の塾に通う or 通信教育を受ける or 独学で大学受験…


●タイプ2:「△△な状態でありたい」型
 例えば、「自立的な人材でありたい」「自由度の高い人財でありたい」など、状態志向で職種にはこだわらないパターンです。あなたがこのタイプの場合は、目的・戦略・戦術は以下のようになります。

・目的=状態。例:自立的な人材でありたい
・戦略=方向性。例:どの会社でも使えるスキルを習得する。組織に依存しないため。
・戦術=手段。例:プログラミング or 簿記 or …。(その1層下の戦術:独学か?スクールか?)

まずは、あなたがどちらのタイプか?を考えてみてください。そして、それぞれのタイプに沿ったやり方で、目的→戦略→戦術順に組み立ててみてください。


② スキルアップ
 スキルアップは、正しい「戦略」意識がとても重要です。例えば、あなたが職場で「財務諸表に関係する仕事を手伝って欲しい」と頼まれたとします。財務諸表がよく分からないあなたは、とりあえず簿記を取ることを目的としました。このときの、目的・戦略・戦術は以下のようになります。

・目的:財務諸表の仕事を手伝えるようになる
・戦略:簿記3級の合格を目指す
・戦術:独学、通信教育、詳しい友人に授業してもらう、等

 ただ、ここで重要なのは「戦略」が正しいか?の確認です。もし頼まれた仕事が「財務諸表を軽く読めたらよい」仕事だった場合。簿記は「財務諸表を作れる」ことを目指す資格なので、「戦略」は「財務諸表の読み方を理解する」程度でも良いのかもしれません(読み方の入門書を理解するなど)。この例は、戦略の方向が180°ズレている訳ではありませんが、資格や勉強は常に方向性の意識が重要となります。


③ 投資
 投資の世界では、様々な商品や体験談が溢れています。ただ、あなたの人生の目的を考えると、自ずとあなたに合ったパターンが見えてきます。

・目的:70歳以降働かなくて良い状態にする
・戦略:70歳までに△万円貯める
・戦術:どの商品(利回り・手数料・株か債権か)?どの証券会社?月いくら積み立てる?など

どうしても商品の良し悪しが気になってしまいますが、あくまで商品は「戦術」の層です。まずは「目的」の層を固めていくことで、見なくていい情報に時間を取られずに済みます。



3.まとめ

最後に、この記事をまとめます。

●「戦略」と「戦術」の定義は、下記の通りです。

・「戦略」:目的を達成するための資源配分の選択
・「戦術」:戦略を実行するためのより具体的なプラン

(出典)USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 | 森岡 毅 |本 | 通販 | Amazon

●「戦略」と「戦術」の具体例は下記の通りです。
・目的=「達成したいこと」。例:大阪に到着する
・戦略=「どこへ進むか」。例:大阪へ向かう
・戦術=「どうやって進むか」。例:新幹線、飛行機など

●「戦略」と「戦術」の考え方を、人生設計へ適用しました(①就活、②スキルアップ、③投資)

●参考図書:USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 | 森岡 毅 |本 | 通販 | Amazon


この記事が、あなたのキャリア形成の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました