服の選び方【本紹介あり】

investment in oneself

2022.2.7.

「休日、どんな服を着たらいいか分からない…」

 この記事は、「服の選び方」をテーマに書いています。

社会人になると、平日はスーツで過ごす方が多いかもしれません。
その分、休日に着る服は、「あなたの好きな服」を選んでしまうこともあるでしょう。

ただし、「あなたの好きな服」と「他人から見てオシャレな服」は、必ずしも一致しません。
服がオシャレと思ってもらえなかった場合、あなたの印象も下がってしまう可能性があります。

この記事では、服の選び方をテーマとして、評価の高い本1冊を参考に、重要ポイントを3つご紹介します。

  • 記事の対象:人から見てオシャレと思われる服を選びたい方



目次


1.結論:服の選び方【ポイント3選】
① 基本は無地
② 全体で3色
③ 端に注意
※①と②(の一部)の参考本:服が、めんどい 「いい服」「ダメな服」を1秒で決める | 大山 旬, 須田 浩介 |本 | 通販 | Amazon



2.詳細



3.まとめ



1.結論:服の選び方【ポイント3選】

 まず初めに、服の選び方として、ポイントを3つご紹介します。

① 基本は無地
② 全体で3色
③ 端に注意

※①と②(の一部)の参考本:服が、めんどい 「いい服」「ダメな服」を1秒で決める | 大山 旬, 須田 浩介 |本 | 通販 | Amazon



2.詳細

 1章でご紹介した3点について、順にご説明します。


① 基本は無地

 1点目は、「基本は無地」です。

シャツ・アウター・パンツなどの基本のアイテムを、すべて無地とするだけで、失敗を避けることができます。

シャツやアウターなどの中には、さまざまな模様が入っていたり、色がグラデーションになっていたりするものがあります。

ただし、模様やグラデーションが入っているものは、他のものと合わせにくかったりするため、コーディネートが失敗しやすくなります。

無地でシンプルにすることで、失敗する可能性を最大限に抑えることができるのです。



② 全体で3色

 2つ目は、「全体で3色」です。

具体的には、「基本の2色差し色が1色」のイメージです。
例えば、全体的に白と黒(2色)で上下の服を選んで、アクセサリーでブラウン(1色)を選ぶ、といった感じです。

「全体で3色」の理由は、「3色」が多すぎず少なすぎないラインのためです。
4色以上になると、色が多すぎで、まとまりがない印象となります。一方、2色以下は悪い印象ではないものの、ややモノトーンな雰囲気となります。

また、使う色にも注意が必要です。
赤や紫などの派手な色は、扱いが難しく、あまりおすすめされません。

使い勝手が良い色としては、白・黒・ネイビー・ベージュ・アース色(カーキ・茶・ベージュ)が挙げられます。

因みに、1章でご紹介した参考本では、「パンツは黒 or ネイビー」「は白 or 黒」「シャツは白」がおすすめされています。

※リンク先:服が、めんどい 「いい服」「ダメな服」を1秒で決める | 大山 旬, 須田 浩介 |本 | 通販 | Amazon



③ 端に注意

 3つ目は、「端に注意」です。

本ポイントは、服から離れて、全体の印象を決める要因となる部分についての話です。

「端」とは、靴・鞄・髪です。つまり、身体の「端」の部分を指します。
靴・鞄・髪は、身体の端であるがゆえに、目線が行きやすい部分です。よって、いくら服をキレイにしていても、靴・鞄・髪に清潔感がないと、台無しになるリスクがあります。

したがって、「靴を磨く」「鞄の汚れを取る」「髪を美容院で整える」といった仕上げをすることが、全体のバランスを整える上で重要となるのです。



3.まとめ

 最後に、この記事をまとめます。

●服の選び方として、ポイントを3つご紹介しました。
① 基本は無地
② 全体で3色
③ 端に注意

●①と②(の一部)は以下の本を参考としました。
服が、めんどい 「いい服」「ダメな服」を1秒で決める | 大山 旬, 須田 浩介 |本 | 通販 | Amazon


この記事が、あなたの自己投資の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました