「就活の軸」の決め方【具体例・本紹介あり】

career

2021.6.8.更新

「『就活の軸』がなかなか決まらないな…」

 この記事では、「就活の軸」の決め方を紹介します。私自身、就活していた頃は、たくさんの会社や仕事を前にかなり迷ってしまいました。ただ、就活の軸を決めることで、かなり選択肢を絞ることができました。就活の軸を決めないままだと、本来エントリーしなくてもいい会社にも書類の準備をしたりして、行きたい会社の準備がおろそかになることもあります。この記事をきっかけに、一度あなたの就活の軸を考えてみてください。

  • 記事のメリット:就活の軸が決まり、少ない時間で就活の効果を最大化することができる。
  • 対象:主に就活を控えた方、転職を控えた方。

目次

1.結論:自己分析の本を、1冊だけ完璧に仕上げる(本紹介あり)

2.理由:なぜ「1冊だけ完璧に」か?

3.具体例:就活の軸の例一覧

4.まとめ



1.結論:自己分析の本を、1冊だけ完璧に仕上げる(本紹介あり)

 就活の軸を決めるには、「自己分析の本を、1冊だけ完璧に仕上げる」ことをお勧めします。「じゃあどんな本がいいの?」と迷われている場合は、以下の2冊から選んでみてください。

・『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』(八木仁平)
・『絶対内定2023 自己分析とキャリアデザインの描き方』(杉村太郎)←最新版を買ってください

※リンク先
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド | 八木 仁平 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
絶対内定2023 自己分析とキャリアデザインの描き方 | 杉村 太郎, 藤本 健司 |本 | 通販 | Amazon



2.理由:なぜ「1冊だけ完璧に」か?

 「そうはいっても、良さそうな自己分析本がたくさんあるので、2~3冊やってもいいのでは?」と思うこともあるでしょうか。
 個人的には、2冊以上するのはあまりお勧めしません。理由は、1冊だけでもかなり作業量が多いからです。取り組むのを1冊だけとする代わりに、1冊の自己分析の精度を完璧にすることで、十分に自己分析はできます。



3.具体例:就活の軸の例一覧

 「じっくり自己分析する時間がないので、就活の軸の例だけ知りたいです」という方もいるかと思います。この章では、就活の軸の例を一覧にして紹介します。

 ここでは、以下の3つのパートに分けます。

(1)仕事内容の面
(2)会社の面
(3)生活の面

それでは、1つずつ見ていきます。

(1)仕事内容の面

① 自分の興味のある事業か

② 自分が身に付けたいスキルを磨けるか


(2)会社の面

① 経営が安定しているか
→ 営業利益率が高いか(、過去10年くらい安定しているか)
→ 事業にバリエーションがあるか
→ 新しい企業にすぐ参入されないか(=「参入障壁が高い」と言います)
→ 将来性のある業界か
→ 生きていくうえで欠かせない商品を売っているか

② 社員や社風を好きになれるか


(3)生活の面

① 労働環境が悪くないか
→残業時間、休日出勤、有休の取りやすさなど。
 OBさんや、社員のネット上の口コミなど、多面的に情報を集めましょう。

② 立地は自分の希望にあうか


以上が、就活の軸の例になります。
「就活の軸が全くイメージつかない」という方は、一旦上記で挙げたもののなかからピンと来るものを選んでみてください。

「選んだ軸が多すぎて、会社を絞るときに混乱してしまう」という方は、下記のブログを参考にしてみてください。
【考察・参考図書あり】適職の見つけ方について | みのりぐ (minorig.com)

このブログでは、軸がいくら多くても、会社をスッキリ比較できる方法を紹介しています。あなたが選んだ軸を、多すぎるからという理由で減らさず、納得いく会社選びができるはずです。



4.まとめ

最後に、この記事をまとめます。

●就活の軸は、「自己分析の本を、1冊だけ完璧に仕上げる」ことで完成します。

●自己分析の本は、以下がおすすめです。
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド | 八木 仁平 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
絶対内定2023 自己分析とキャリアデザインの描き方 | 杉村 太郎, 藤本 健司 |本 | 通販 | Amazon

●就活の軸の例一覧を3章に記載します。ご参考ください。

●会社を絞る際に参考になるブログ
【考察・参考図書あり】適職の見つけ方について | みのりぐ (minorig.com)

この記事が、あなたのキャリア形成の一助となることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました